松尾電機グループ経営原則

経営理念

1:
私たちは、「企業の存在を許容するのは、お客様である」ことを原点に、世界中のお客様の信頼を得ることができる価値ある技術商品の開発・製造・販売を事業活動の軸とする「技術立社」であり続けることを経営の基本理念としています。
2:
私たちは、経済的・環境的・社会的に持続可能な質の高い成長を目指します。
3:
私たちは、事業の成長を通じて、株主価値の向上、会社で働く人々の満足、産業及び社会の発展に貢献することを使命としています。

価値基準

1:価値観に対する認識
「組織としての価値観を持っており、それが全員に周知され組織活動に組み入れられ長期的に維持されている」ことが重要である。
2:組織価値観
  • (1)
    「お客様の満足を得る」ことに価値があります。
  • (2)
    「継続的に成長していく」ことに価値があります。
  • (3)
    「約束を守る」ことに価値があります。
  • (4)
    「規律正しい」ことに価値があります。
  • (5)
    「人間を尊重する」ことに価値があります。

倫理基準

松尾電機グループは、事業活動を行なう上で基準となる倫理観を倫理基準として定め、遵守すべき行動指針のもと事業活動を行なうものとする。

1:
会社は、社員全員が共通の組織目標を達成するために考動するところであり、厳に反会社的行動を慎むこと。
2:
ものづくりの会社としての自覚を持ち、ものづくりの思想のないもので収益を得ることのないことを原則とすること。
3:
コンプライアンスを最優先とすること。
4:
公私混同をしないこと。
5:
企業として、個人として、社会の一員としての責任を自覚し、考動すること。

[遵守すべき行動指針]

  • 1:社会との関係
    1. 寄付行為は、その必要性、妥当性を十分に考慮し関係法令に従い行う。
    2. 政治・行政とは関係法令を遵守し健全かつ透明な関係作りを行う。
    3. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的行為への関与は一切遮断する。
    4. すべての取引先との間で、自由な競争原理に基づき、独占禁止法等の関係法令を遵守した公正な取引を励行する。
    5. 調達等に関する職務に関連して利益や便宜の供与を受ける等の個人的な利益の追求を行わない。
    6. 製品の品質、性能、仕様等について、事実に反する表示・表現または顧客に誤解を生じる恐れのある表示・表現は行わない。
    7. 取引先及び関係先等との接待、贈答品の授受に関して健全な商習慣や社会的常識を逸脱しない。
    8. 輸出入取引について、「外国為替及び外国貿易法」その他国内外の関係法令による規制を遵守し適正に実施する。
  • 2:株主・投資家等との関係
    1. 当社の経営内容、事業活動状況等の企業情報の開示を関係法令に従い行う。
    2. 未公表の情報を利用して有価証券に関するインサイダー取引を行わない。
  • 3:会社財産・情報の管理
    1. 会社財産を適正に管理し、私的用途に流用するなど業務目的以外の使用を行わない。
    2. 適正な会計処理を遵守し虚偽または架空の記録を行ったり、簿外の資産は築かない。
    3. グループの秘密情報を厳重に管理し在職中のみならず退職後も開示・漏洩はしない。
    4. グループの知的財産権の維持、確保に努め、これらの権利の許諾等を適正に行う。

考動指針

  • 1:高いモチベーション(Motivation)を維持する。
  • 2:成果を上げるための戦略的考動をする。
  • 3:当事者責任を自覚し、当事者責任を果たす。
  • 4:組織目標の共有、浸透、実現を図る考動をする。
  • 5:組織目標と個人目標の連鎖をつくる。
  • 6:客観的、論理的、誠実な考動をする。

事業活動基本方針

  • 1:
    技術を軸にした創造型電子部品企業として事業の発展を目指す。
  • 2:
    世界一流の品質・技術を目指す。
  • 3:
    より高いお客様の満足・信頼の獲得を目指す。
  • 4:
    収益の最大化及び環境的・社会的に質の高い発展を目指し、長期的に持続可能な会社を目指す。
  • 5:
    個人個人が経営目標達成に向けて能力を最大限発揮する会社を目指す。
  • 6:
    人間尊重を基本とした会社を目指す
  • 7:
    以上の事業活動基本方針に基づいて個々の事業活動の基本方針を定める。