トップメッセージ

代表取締役社長 常俊 清治

代表取締役社長
常俊 清治

ニーズに応える信頼の技術。

電子機器の高性能化や多機能化などのめざましい技術革新を背景に、電子部品へのニーズはより高度に、幅広いものへと進化し続けています。1949年の創業以来、技術立社を自負する松尾電機は、1957年にはフィルムコンデンサを、1959年にはタンタルコンデンサをそれぞれ日本で初めて製造販売を開始し、以来、「品質第一」の社是のもと、信頼の技術を通して、時代のニーズに応えてまいりました。また、1996年には、当時の他社品よりもさらに小型チップタイプの回路保護素子の製造販売を開始し、現在では、タンタルコンデンサを主力に、回路保護素子、フィルムコンデンサ等の製造販売を行っております。
自動車産業品質マネジメントシステムの国際規格及び環境マネジメントシステムの国際規格の取得状況は以下の通りです。
松尾電機は、グローバルなマーケティングネットワークと組織体制を活かし、ユーザーニーズに素早く応える製品づくりを通してこれからも社会に貢献してまいります。

■自動車産業品質マネジメントシステム国際規格の認証取得

IATF 16949
チップ形タンタル固体電解コンデンサ
及び回路保護素子にて
IATF 16949:2016の認証を取得
Matsuo Electric Co., Ltd. Fukuchiyama Plant:
Registration No. 20001850 IATF16
Shimane Matsuo Electronic Co., Ltd.: Registration No. 50300331 IATF16

■環境マネジメントシステム国際規格の認証取得

ISO 14001
ISO 14001:2004の認証を取得
Registration No. JQA-EM6829